ワット・スタット

 

ワット・スタットテープワララーム(ワット・スタット)

Wat Sutat Tepwararam

วัดสุทัศนเทพวราราม ราชวรมหาวิหาร

ラマ1世建設の寺院。礼拝堂の本尊はシーサーカヤームニー仏です。本尊をスコータイから輸送するとき指揮をとったのもラマ1世です。当時病気であったラマ1世は輸送という役目を終えた後崩御されました。 正門前に建っているジャイアントスイング。ナーガとしてバラモンが屋根のジャイアント・スイングにつり下がりブラフマーがシヴァ神に新たに創造した世界を見に行かせることを意味する儀式がかつて行われていましたが1932年にこの儀式は廃止されました。現在この巨大ブランコジャイアント・スイング Giant Swing はみることができます。 寺院内には芸術的なさまざまな姿をした象を見ることができます。 本尊前の瓶の中には聖水が入っており、体や頭にかける方、ペットボトルに入れて持ち帰る方もおられます。

ワット・スタット

 

住所:146 Bumrungmeung Rd. Pranakorn bangkok 10200

タイ語住所:146 ริมถนนตีทอง 1ถนนบำรุงเมือง หน้าวัดออกทางถนนอุณากรรณ อำเภอพระนคร กรุงเทพมหานคร 10200

入場時間:08:00-21:00

入場料:20バーツ

アクセス:BTS: ラチャテーウィー駅からタクシー。もしくはサヤームから、508番のバス。