ワット・ボウォニウェット ヴィハラ

Wat Bowonniwet Vihara  วัดบวรนิเวศวิหาร

ワット・ボウォニウェット ヴィハラ

ワット・ボウォニウェット ヴィハラはバンコク、カオサン通りの近くに位置する寺院です。この寺院はタイ上座仏教(テーラワーダ仏教とも呼ばれます)
の タムマユット ニカヤ(Thammayut Nikaya)学校の総本山で、チャクリー王朝の守護寺院でもあります。

ワット・ボウォニウェット ヴィハラ

モンクット王子、後のラマ4世が1836年にここで王室の人間として初めて出家しその後現国王のラマ9世を含め王室の王子たちがこの寺院で勉強、出家をしました。

2013-11-13-16-02-33_deco

寺院内にある黄金仏塔にタイ王族の遺品や遺灰が納められています。

2013-11-13-15-53-55_deco
住所: Phra Sumen Road | Phra Borom Maha Ratchawang, Phra Nakho, Bangkok, Thailand
Tel: 022812831-3
アクセス:カオサンロードから歩いて5分。ワット シャナソンクラームから見てカオサンロードを挟んで反対側に位置します。
ホームページ: http://www.watbowon.org

2013-11-13-15-59-36_deco

2013-11-13-16-00-37_deco