スコータイ王朝

The Kingdom of Sukhothai
スコータイ王朝

スコータイ王朝の創始者はイントラチット王です。

スコータイ王朝

王の三男である第三代ラームカムヘーン王 (在位1279–1298) の時代にタイ文字を作り、上座仏教を国教と定めました。

sukhothai area

それと同時に外国との貿易で経済的にも豊かになり領土が南はシンガポール、北はラオス近辺まで達しました。

しかしその後力が衰え15世紀にアユタヤに台頭していたアユタヤ王朝に吸収されました