シリラート医学博物館 

Siriraj Medical Museum พิพิธภัณฑ์การแพทย์ศิริราช

シリラート医学博物館

シリラート病院は1888年タイで最初に建てられた病院で規模もタイ最大です。ソンクラーナカリン (タイ医学の父と呼ばれている)氏がかつて医学を教えていた病院でもあります。 法医学博物館(別名「死体博物館」)、解剖学博物館、寄生虫博物館、病理博物館、タイ医学歴史博物館、先史博物館の6つの博物館がシリラート病院内に設置されており観光客がたくさん訪れます。 特に凶悪犯のミイラやホルマリンに漬けられた臓器、シャム双生児 (いわゆる子供の奇形)などは直視し難いほどなので苦手部類は素通りすることをおすすめします。いわゆる枯葉剤に代表される化学兵器の影響で奇形児の出生が増加したと言葉では聞かされていても実際に見るとその悲惨さがわかります。

シリラート医学博物館

 

住所:2 Prannok Rd. Bangkoknoi Bangkok 10700

入場時間:9.00-16.00

Tel:0-2419-7000

アクセス:王宮広場をチャオプラヤ川を挟んで向かい側のためター・プラチャン船着き場 より渡し船で行くと簡単です。 注意:撮る人はいないと思いますが写真撮影禁止です。

ホームページ:http://www.si.mahidol.ac.th/museums/en/index.htm


大きな地図で見る