乳海攪拌にゅうかいかくはん

乳海攪拌(にゅうかいかくはん)とはヒンドゥー教の天地創造神話です。

神々インドラはかけられた呪いを解くため 不老不死の霊薬アムリタを飲まなければなりませんでした。

しかし神々だけの力ではアムリタを手に入れることができません。アムリタを半分与えることを条件にアシュラ(阿修羅)に協力を求めました。

ビシュヌ神は海を撹拌すればアムリタが出現することを教えました。

神々と阿修羅は協力してマンダラ山を中心にしてナーガの王であるヴァースキを巻き付けその両サイドを綱引きのように神々と悪魔で引っ張り合い大海を撹拌し始めました。

海に棲む生物が細かく裁断されて、やがて乳の海になりました。

PhotoGrid_1383481999563

ヴァースキはあまりの苦しさから口から毒を吐き、その毒のせいで世界滅亡の危機に陥りましたがシヴァ神が毒を全て飲み世界は救われました。シヴァ神の喉が青いのはこの時飲み干した毒が原因であると言われています。

続いて中心にしていたマンダラ山が沈み始めましたがビシュヌ神がクールマという大亀に化身し、マンダラ山を支えました。

1000年撹拌が続き乳海から太陽と月が出現しました。続いて 白い象アイラーヴァタや、馬ウッチャイヒシュラヴァス、願いを叶える牛スラビー、宝石カウストゥバ、願いを叶える樹カルパヴリクシャ、聖樹パーリジャータ、アプサラスたち、ヴィシュヌ神の神妃である女神ラクシュミーらが次々と生まれました。

最後に医学の祖ダスヴァンタリ神が霊薬アムリタを持って現れました。

2013-11-05-19-35-11_deco

その後アムリタを巡って神々と阿修羅が争い阿修羅が手に入れましたがビシュヌ神が美女に変身し阿修羅を誘惑し阿修羅からアムリタを取り返しました。

神々はアムリタを飲むことができましたがその神々のうちの一人に変身していたラーフという悪魔もアムリタに口をつけました。

太陽神スーリヤと月神チャンドラはそれに気づきビシュヌ神に伝えるとビシュヌ神はラーフの首を切り落としました。ラーフは頭だけ不死身となりこの一件から今でも太陽と月を襲い飲み込みますが体がない為すぐでてきます。

これが日食と月食だといわれています。

不老不死となった神々は今も世界を守っていると言われています。

2013-11-05-19-35-35_deco