2013-11-07-16-14-32_deco

ヒンドゥー教の神で梵天とも呼ばれます 。 三神一体論に三最高神の一人で、世界の創造そして滅亡後の再創造を司ります。

ブラフマー神は宇宙が創造される前ビシュヌ神のヘソより生まれました。

その後ブラフマー神は水を創り、水の中に黄金の卵(ヒラニヤガルバ)」を置きました。

卵の中で成長したブラフマー神は卵を半分にし、そこから宇宙のあらゆるものを創造しました。

2013-11-07-16-14-53_deco

バンコクのエラワン祠はこのブラフマー神を祀ったもので願い事を叶えてくれるパワースポットとして国内外からの人達に人気があります。

ブラフマー神は4つの顔、4本の腕を持ちそれぞれの手に 数珠、聖典ヴェーダ」、小壷、笏を持っています。

水鳥ハンサに乗り、配偶神は知恵と学問の女神サラスヴァティー(弁才天)、ガーヤトリーなどです。

ブラフマー神を祭る大きな寺院がインドのアブー山にあり、ここはブラフマー神が住んでいたとされている場所です。

4つの顔を持つ理由は美しき配偶神サラスヴァティーをいつでも見られるためと伝えられています。

IMG_20131107_161713