タークシン王 King Taksin

สมเด็จพระเจ้าตากสินมหาราช

wathuakoo5

(この写真はワットホアクーにて撮影。タークシン王足元の金、銀の鶏は私が寄贈したものです。)

 

幼少期及び21歳から24歳までをお寺で過ごし、仏教に大変理解ある人物でした。

 

アユタヤ王朝の将軍となるが1767年にビルマの攻撃によりアユタヤが滅亡。   その後バンコクの近くトンブリーに新たな王朝、トンブリー王朝を築いたタークシン王はアユタヤをビルマより奪還しました。

wathuakoo6

またタークシン王はタイの古典文学民族叙事詩であるラーマキエンを編纂し 、ワットアルンを修復しトンブリー王朝の王宮寺院としました。このころラオスのビエンチャンを攻略しエメラルドブッダ(エメラルドの仏像)を獲得しワットアルンに安置しました。チャクリー王朝になってからエメラルド寺院に仏像が移されました。

その後1782年トンブリー王朝将軍であったチャオプラ・チャクリー(ラマ1世)がチャクリー王朝を築きました。

 

タークシン王に鶏の置物を寄贈することにより徳を積むことができるとされています。タークシン王はタイ全土さまざまな寺院に祀られておりタイ国民より絶大な人気があります。私も初めてお参りした時にはその鶏の多さに驚きました。

king taksin2

 

king taksin1

king taksin3

 

人と比較すると鶏の大きさがわかりますね。