Archives for タイ基本情報

ナーガ Naga

ナーガ

ナーガとはインド神話に起源があるヒンドゥー教の蛇神もしくは蛇の精霊のことです。 仏教に取り込まれた後は仏典の見張りをする守護神となりました。 容姿は人間の

Read the rest of this entry »

Bookmark and Share

ナーク(ナーガ) 火の玉 The Naga fireballs

ナーガ 火の玉

ノンカーイ、ウボンラチャタニーなどのタイ東北地方及びラオスのビエンチャンのメコン川で見られる火の玉超常現象です。この火の玉はメコン川の神ナーク(ナーガ)Nagaが

Read the rest of this entry »

Bookmark and Share

ローイ・クラトンLoi Krathong

ローイ・クラトン

ローイ・クラトンは毎年タイ陰暦12月の満月の夜にタイ全域、ラオスの一部の地域とミャンマーのシャン地域で開催されるお祭りで日本では「灯篭流し」と呼ばれ

Read the rest of this entry »

Bookmark and Share

ソンクラン水掛祭りSongkran festival

ソンクラン

ソンクランはタイの旧正月のことで元々ソンクランの日時は占い師により毎年定められていましたが近年は政府により

Read the rest of this entry »

Bookmark and Share

オークパンサー Ok pansa

オークパンサー

オークパンサー(出安居)  (Ok pansa)は陰暦11月の満月の日に当たります。

 パンサーพรรษาpansaは雨季、オーク(ออกok)は出る、カオ(เข้าkao)は入るという意味です。6月の初旬カオパンサーと呼ばれる

Read the rest of this entry »

Bookmark and Share

チャクプラ祭りタックバットデボ祭り Chak Phra Festivals Tak Bat Devo Festivals

チャクプラ祭り

チャクプラ祭りChak Phra Festivals はタイ南部のお祭りで毎年雨季あけの10月11月に開催されます。この時期お釈迦様(ガウタマ・シッダールタGautama Siddhārtha )が地上に降りて来られると伝えられ

Read the rest of this entry »

Bookmark and Share

ライルアーファイ Lai Ruea Fai

オークパンサーの日イサーン地方では盛大に祝います。明かりを灯したライルアファイ( ไหลเรือไฟ lai ruea fai)という船の行列が川を下ります。

ライルアーファイ 

 オークパンサー(出安居)とは旧暦11月の満月の日に行うカオパンサーからの3ヶ月間寺にこもっていた僧侶たちの修行のあける日のことです。船(ライルアファイ)の大きさは

Read the rest of this entry »

Bookmark and Share

イーペン yi peng

イーペン

イーペンはランナー暦第2月の満月に開催される16世紀にラオスのある地域から伝わったとされる お祭りです。ランナー語でイーは2,ペンは月という意味です。

ランナー様式のスカイランタン(タイ語でコムロイ、日本語で提灯)文字道理浮かぶ提灯を

Read the rest of this entry »

Bookmark and Share

チャクリー王朝

2013-11-09-19-53-20_deco

チャクリー王朝

チャクリー将軍がチュラローク王、ラマ1世となりチャクリー王朝、現王朝を起こしバンコクを首都とし建設しました。王宮がラッタナーコーシン島にあることからラッタナーコーシン王朝とも呼ばれ現在、現国王ラマ9世まで9代続いている王朝です。

ラマ4世は西欧諸国と

Read the rest of this entry »

Bookmark and Share

アユタヤ日本人町

アユタヤ日本人町

アユタヤ日本人町

アユタヤは以前よりその立地を活かし貿易の中心として賑わっていましたがウートーン候後のラーマティボディがアユタヤを首都としアユタヤ王朝を起こしたことによりさらに発展し15,16世紀には

Read the rest of this entry »

Bookmark and Share

スコータイ王朝 The Kingdom of Sukhothai

スコータイ王朝

The Kingdom of Sukhothai
スコータイ王朝

スコータイ王朝の創始者はイントラチット王です。

スコータイ王朝

王の三男である第三代ラームカムヘーン王 (在位1279–1298) の時代にタイ文字を作り、上座仏教を国教と定め

Read the rest of this entry »

Bookmark and Share

ランナー王朝

ランナー王朝はランナー地方、今でいうタイ北部チエンマイ県、チエンラーイ県、ラムプーン県、ラムパーン県などで繁栄しました。

マンラーイ王により成立しモン族の文化の影響を受けつつ建築、仏教、ランナータム文字など独自の文明を築いていきました。

16世紀にビルマの覇権下に入り18世紀にシャムのタークシン王傘下となりその後もチャクリー王朝 の朝貢国となりました。

Bookmark and Share

タイの歴史

10世紀にカンボジアのアンコールを首都としたクメール人のクメール帝国がカンボジアは元より現在の東北部イサーン地方及びラオス中部まで進出してきました。

クメール帝国の力が衰え出した13世紀タイ北部に チェンマイが首都の「ランナー王朝」、タイ中部 スコータイ地方に幸福の夜明けよいう意味の「スコータイ王朝」が起こりました。

14世紀タイ中央部にアユタヤを首都としたアヤタヤ王朝がラーマティボディ1世により起こりました。

18世紀ビルマによりアユタヤ王朝が陥落した後アユタヤの華僑である将軍タークシンが挙兵しビルマを撃退、トンブリーを首都としたトンブリー王朝を起こしました。しかし在位15年目官吏のプラヤー・サンのクーデターで退位させられました。

その後チャックリー将軍がチュラローク王、ラマ1世となりチャクリー王朝、現王朝を起こしました。

Bookmark and Share

ガルーダ

ガルーダ

ガルーダ

タイ王国国章、インドネシア共和国国章、モンゴルのウランバートル紋章に使われているインド神話の神鳥でヴィシュヌ神の乗り物でもあるます。インドネシアの

Read the rest of this entry »

Bookmark and Share

バンコクとは?バンコク正式名称から気候、マナーなどのまとめ。

バンコク印章

バンコクBangkok
タイ語ではクルンテープ

バンコク正式名称

はクルンテーププラマハーナコーンアモーンラッタナコーシン・マヒンタラアユッタヤー・マハーディロッカポップ・ノッパラッタナラーチャタニーブリーロム・ウドンラーチャニウチェットマハーサターン・アモーンラピーンアワターンサティット・サッカタットティヤウィサヌカムプラシット

バンコク

意味は イン神(インドラ、帝釈天)がウィッサヌカム神(ヴィシュヌカルマ神)に命じてお作りになった、神が権化としてお住みになる、多くの大宮殿を持ち、九宝のように楽しい王の都、最高・偉大な地、イン神の戦争のない平和な、イン神の不滅の宝石のような、偉大な天使の都。

バンコク

バンコク 気候

熱帯モンスーン気候に属します。
年間の平均最高気温は33、34℃、平均最低気温は20から25℃で年間最高気温は40℃に達し、最低気温は10℃です。11月から2月の乾季は涼しく過ごしやすいです。2月から5月が暑季で雨がほとんど降らず1年を通して最も暑い時期になります。5月から10月は雨季でスコールのような土砂降りが見られます。

バンコク

バンコクの日本の姉妹都市は福岡で友好都市は八千代市です。

バンコク時差

:日本より2時間遅れ。例えば日本時間15時ならばタイ時間は13時。

バンコク通貨

:バーツ(bath)
紙幣:1000,500,100,50,20
硬貨:10,5,2,1,50サタン

バンコク

電圧

:220V,周波数50Hz。プラグタイプは日本と同様のタイプと差し込み口が3つのタイプがあります。日本の家電製品は変圧器を
利用しましょう。

マナー

:
女性の方が僧侶に触れることはできません。寺院訪問時は露出の高い服などは避けた方がいいでしょう。また王室にも敬意を払う必要があります。
足の裏は不潔だとされており人に向けてはいけません。人の足をまたぐことも避けましょう。

バンコク

バンコク 電話

:バンコクから日本にかける場合
国際電話識別番号(001)→日本の国番号(81)→市外局番(0は省略)→相手の電話番号

日本からバンコクへかける場合
国際電話会社の番号( KDDI:001 ソフトバンクテレコム:0061 NTTコミュニケーションズ:0033 )→国際電話識別番号(010)→タイの国番号(66 )→相手の電話番号をダイヤル(市外局番の「0」は省略)

バンコク タクシー

:メーター制で初乗りは35バーツから。まれにメーターを使用しないタクシーもいるためその場合はメータープリーズ!などと使用を促すか、別のタクシーに乗り換えること。

バンコク

水:タイで水を飲む場合コンビニなどでミネラルウォーターを購入し、決して水道水は飲まないようにしましょう。

Bookmark and Share
Page 2 of 2:« 1 2

夕日に照らされた神聖な寺院に感激