ランナー王朝はランナー地方、今でいうタイ北部チエンマイ県、チエンラーイ県、ラムプーン県、ラムパーン県などで繁栄しました。

マンラーイ王により成立しモン族の文化の影響を受けつつ建築、仏教、ランナータム文字など独自の文明を築いていきました。

16世紀にビルマの覇権下に入り18世紀にシャムのタークシン王傘下となりその後もチャクリー王朝 の朝貢国となりました。