Archives for タイ 歴史

タークシン王 King Taksin

タークシン王 King Taksin

สมเด็จพระเจ้าตากสินมหาราช

wathuakoo5

(この写真はワットホアクーにて撮影。タークシン王足元の金、銀の鶏は私が寄贈したものです。)

 

幼少期及び21歳から24歳までをお寺で過ごし、仏教に大変理解ある人物でした。

 

アユタヤ王朝の将軍となるが1767年にビルマの攻撃によりアユタヤが滅亡。   その後バンコクの近くトンブリーに新たな王朝、トンブリー王朝を築いたタークシン王はアユタヤをビルマより奪還しました。

wathuakoo6

またタークシン王はタイの古典文学民族叙事詩であるラーマキエンを編纂し 、ワットアルンを修復しトンブリー王朝の王宮寺院としました。このころラオスのビエンチャンを攻略しエメラルドブッダ

Read the rest of this entry »

Bookmark and Share

ベンジャロン焼き Benjarong

ベンジャロン焼き Benjarong เบญจรงค์

ベンジャロン焼き

タイ三大陶磁器はベンジャロン、セラドン、ブルーホワイトです。その内元々王室専用に作られていた陶磁器がこのベンジャロン焼きです。

ベンジャロンとは古代サンスクリット語で5色を意味しますがベンジャロン焼きに使われている色の種類は5色に

Read the rest of this entry »

Bookmark and Share

アユタヤ王朝

アユタヤ王朝

アユタヤ王朝(1351年-1767)はアユタヤを首都とするチャオプラヤー川,パーサック川,ロッブリー川の合流点に栄えたラーマーティボーディー1世国王 (1351 – 1369) により起こされた王朝です。

アユタヤ王朝

ラーマーティボーディー1世国王はダルマラージャ( 仏教の教えに基づく道徳のこと)の

Read the rest of this entry »

Bookmark and Share

映画「王様と私」「 アンナと王様」

王様と私

The King and I

王様と私

 

日本で1956年10月26日公開のミュージカル映画 133分

原作はマーガレット・ランドン1944年の小説『アンナとシャム王 』(Anna and the King of Siam )

19世紀のタイ国王が

Read the rest of this entry »

Bookmark and Share

ジム トンプソン

ジム トンプソン

1906年グリーンビル、デラウェアで生まれる。芸術に強い興味を持っていた彼は建築家になるためペンシルバニア大学で建築を専攻。

2013-11-08-20-16-30_deco

1940年代ヨーロッパでの戦争が

Read the rest of this entry »

Bookmark and Share

チャクリー王朝

2013-11-09-19-53-20_deco

チャクリー王朝

チャクリー将軍がチュラローク王、ラマ1世となりチャクリー王朝、現王朝を起こしバンコクを首都とし建設しました。王宮がラッタナーコーシン島にあることからラッタナーコーシン王朝とも呼ばれ現在、現国王ラマ9世まで9代続いている王朝です。

ラマ4世は西欧諸国と

Read the rest of this entry »

Bookmark and Share

アユタヤ日本人町

アユタヤ日本人町

アユタヤ日本人町

アユタヤは以前よりその立地を活かし貿易の中心として賑わっていましたがウートーン候後のラーマティボディがアユタヤを首都としアユタヤ王朝を起こしたことによりさらに発展し15,16世紀には

Read the rest of this entry »

Bookmark and Share

スコータイ王朝 The Kingdom of Sukhothai

スコータイ王朝

The Kingdom of Sukhothai
スコータイ王朝

スコータイ王朝の創始者はイントラチット王です。

スコータイ王朝

王の三男である第三代ラームカムヘーン王 (在位1279–1298) の時代にタイ文字を作り、上座仏教を国教と定め

Read the rest of this entry »

Bookmark and Share

ランナー王朝

ランナー王朝はランナー地方、今でいうタイ北部チエンマイ県、チエンラーイ県、ラムプーン県、ラムパーン県などで繁栄しました。

マンラーイ王により成立しモン族の文化の影響を受けつつ建築、仏教、ランナータム文字など独自の文明を築いていきました。

16世紀にビルマの覇権下に入り18世紀にシャムのタークシン王傘下となりその後もチャクリー王朝 の朝貢国となりました。

Bookmark and Share

タイの歴史

10世紀にカンボジアのアンコールを首都としたクメール人のクメール帝国がカンボジアは元より現在の東北部イサーン地方及びラオス中部まで進出してきました。

クメール帝国の力が衰え出した13世紀タイ北部に チェンマイが首都の「ランナー王朝」、タイ中部 スコータイ地方に幸福の夜明けよいう意味の「スコータイ王朝」が起こりました。

14世紀タイ中央部にアユタヤを首都としたアヤタヤ王朝がラーマティボディ1世により起こりました。

18世紀ビルマによりアユタヤ王朝が陥落した後アユタヤの華僑である将軍タークシンが挙兵しビルマを撃退、トンブリーを首都としたトンブリー王朝を起こしました。しかし在位15年目官吏のプラヤー・サンのクーデターで退位させられました。

その後チャックリー将軍がチュラローク王、ラマ1世となりチャクリー王朝、現王朝を起こしました。

Bookmark and Share

夕日に照らされた神聖な寺院に感激