ベンジャロン焼き Benjarong เบญจรงค์

ベンジャロン焼き

タイ三大陶磁器はベンジャロン、セラドン、ブルーホワイトです。その内元々王室専用に作られていた陶磁器がこのベンジャロン焼きです。

ベンジャロンとは古代サンスクリット語で5色を意味しますがベンジャロン焼きに使われている色の種類は5色に統一されているわけではありません。

2013-11-23-22-20-08_deco

アユタヤ王朝時代、その立地条件から他国との貿易が盛んで中国などから 磁器が輸入されていました。そしてタイの職人たちによりデザインが改良されました。

2013-11-23-22-21-32_deco

ベンジャロン焼きのデザインが金色を使用した豪華なものになったのはチャクリー王朝ラーマ2世の時代でした。それ以前は色絵磁器でした。

ベンジャロン焼きの柄は熟練職人が時間をかけて描きます。

楽天でも多数販売されています。